生樽ビール

すじ平の生樽ビールはうまいとよく言われます。
そうです、ご存知のようにビールは鮮度が命。

今日もスポンジで生樽ビールサーバーを綺麗に洗浄し、
新鮮極冷え生ビールを皆様にご提供いたします。

キメの細かいクリーミーな泡を楽しみながら
生樽ビールの美味しさを味わってください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

焼酎ファン

根強い焼酎ファンが沢山います。
当店ご利用のお客様も素敵な焼酎派がおられます。
素敵なお客様の熱い思いの
焼酎不二才が入荷しました。

不二才ファンも不二才初めての方もどうぞお楽しみ下さい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ギンギンに冷えた新鮮生ビール

昨日は夏至の日。これから当分暑い日が続きますね。
ギンギンに冷やした
新鮮生ビールがお待ちしています。

すじ平の夜営業は五時からスタートします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

マッコリサービス

2006_110806110005

マッコリは韓国では庶民のお酒。

日本では「どぶろく」。

フルーティで飲みやすい。

なんと男性よりも

女性がよく飲まれる。

韓流ブームが続いているからか?

Dscf5554

すじ平では

新しいキャンペーンとして

5名様以上ご利用の皆様に

マッコリの美味しさを

知っていただくため

かめマッコリを

サービスいたします。

詳しくはすじ平の

ぐるなびページを

ご覧下さい。

http://r.gnavi.co.jp/k821600/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

晴耕雨読

芋焼酎の有名な銘柄の一つに晴耕雨読がある。

蔵元の佐多宗二商店のチラシの内容を紹介。

さつま芋が育つのに

最高の土壌をもつ南薩摩

その南薩摩の豊かな土壌で

契約栽培した芋だけをカメ壺で仕込み

その後

カメ壺でゆっくり熟成させました。

そして十数ヶ月の眠りから

やっと目覚めたのが

「かめ壺仕込貯蔵晴耕雨読」です。

晴耕雨読本来の

まろやかな口当たりと

豊潤なコクと香りが漂う逸品です。

是非大事に味わって頂ければ

    幸いに存じます。

こんな美味しい焼酎は、晴れても雨でも飲んでしまうかも。

一度お試しを。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

マッコリー

070128_154202_1 最近マッコリがよく飲まれる。

昔はどぶろくと言われて一部のファンにしか飲まれていなかった。

今は違う。トレンディーだ。

日本酒の蔵元でもマッコリーを売り出す時代だ。

そこで有名な奈良・豊澤酒造で造ってもらったのが、この「すじ平マッコリー」。

是非お試しを。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

黄酒ファンチュウ

070120_213401 老酒・紹興酒は中華料理をいただくときよく飲む。

初めて黄酒(ファンチュウ)を紹介されて飲んだ。

これまた旨い。

フルーティなので何杯でも飲める。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

焼酎は太らない?

061219_155001 美味しい焼酎をたくさん飲みたい。

でもやっぱりカロリーは気になります。

  • 100ML当たりのカロリーを他のお酒と比べてみると、
  • 赤ワイン:約70KCAL 
  • ビール:約42KCAL 
  • 日本酒:約105KCAL 
  • 焼酎(乙類):約140KCAL

数字だけでは焼酎が高く感じます。

カロリーには、熱となって体外に放出されるアルコールのカロリーと、

体内に蓄積される原料分のカロリーの2種類があるのですが、蒸留酒である

本格焼酎・泡盛は糖質はゼロで、大半がアルコールのカロリーなので、ほとんどが体内に

蓄積されないということ。

お湯や水で割れば更にカロリーも控えられますね。

引用  酒のやまもとさんのチラシから

| | コメント (0) | トラックバック (0)

利き酒セット

2006_09190054 僕個人は日本酒が苦手だ。

日本酒よりは焼酎かマッコリ。

しかし全国新酒鑑評会8回金賞受賞した蔵元「奈良豊澤酒造」の酒は人気がある。

なかでも貴仙寿辛口・貴仙寿・貴仙寿吉兆の飲み比べセットは、喜んでもらっている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

サバル・マッコリ

061019_210401 マッコリはにごり酒で、米または小麦で作られる。

アルコール分は6%ほどで、たんぱく質やビタミンが豊富で美容と健康に良いと言われる。

甘さ、すっぱさ、辛さ、苦さ、渋さが上手く調和されていると言われる。

先ずはお試しを。

サバル・マッコリ。

すじ平ではこれを、ぐいのみマッコリと言っている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧